トップページ > 交通事故相談Web
交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。
無料キャンペーン実施中!

1.肩関節部骨折・脱臼

2.上腕骨骨幹部骨折

3.肘関節部骨折・脱臼

4.前腕骨骨折

5.手の骨折と脱臼

6.胸部の外傷

7.骨盤骨折

8.股関節部骨折・脱臼

9.大腿骨骨幹部骨折

10.膝関節部の骨折・脱臼

11.下腿骨骨折

12.足関節部の骨折・脱臼

13.足部の骨折・脱臼

14.行政書士を有効活用

交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。
無料キャンペーン実施中!

11.下腿骨骨折

交通事故の骨折について解説

下腿骨骨折

下腿とは、膝から足首にかけての部分を指します。
この部分は、交通事故で怪我をしてしまう頻度が高いところで、しかも脛骨(すねの骨)が皮膚のすぐ下にあるので、骨折をしたときに開放骨折になりやすいのが特徴です。
開放骨折になると骨折部が皮膚を突き破って飛び出してしまうため、感染症の危険も高くなります。
交通事故などで下腿部を打撲したりして衝撃が加わった際に、横骨折や粉砕骨折をしてしまうことが多くみられます。
症状としては、受傷した直後から激しい痛み、腫れ、変形が生じるため、起き上がることすらできなくなります。
折れた骨のずれが少ない場合や、腓骨が折れていない場合には、血流の良さが保たれており治りも早く、保存療法となります。
折れた骨のずれが大きいものや、腓骨が折れている場合には整復が難しく、手術を行うことが多いようです。
開放骨折では、骨髄炎やコンパートメント症候群などの合併症に対する注意も必要です。

 

下腿骨骨幹部骨折の合併症(血管・神経損傷)

下腿とは膝から足首までの部分ですが、この部分を骨折したときには、大腿骨を骨折したときより高頻度で血管や神経を損傷します。同じ足でも、膝から上と下では違いがあるのですね。
下腿骨の隣には血管と神経が併走しているので、血管と神経の両方とも損傷を負うことが多いという特徴もあります。

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)  無料キャンペーン中
通勤災害認定事例 注目
無料小冊子無料キャンペーン中  メール相談  面接相談

交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。
無料キャンペーン実施中!
交通事故Web